運転免許を取るならやっぱり合宿免許

運転免許を取得するには試験に合格する必要があります。
その試験の合格を目指して利用されるのが自動車学校です。



自動車学校では、道路の走り方や標識の意味、運転マナーなどを学ぶ学科と実際に車を操作し運転方法を身に付ける実技に分かれています。
この二つに合格することで卒業する事ができます。

卒業後に本試験に合格出来れば、晴れて運転免許の取得となります。自動車学校によっては、2つのコースを設けている場合があります。

1つは通学コースです。

通学コースは自分のスケジュールに合わせて、教習を受けていく方法です。



通学する時間がなかなか取れない場合は、卒業が延びていくことになります。


もう1つは合宿免許コースです。
宿泊をしながら免許の取得を目指すコースです。

スケジュールが組まれているので、時間を空けずに一気に教習を受けて行くことができます。
2つコースの違いはいくつかあります。


まず、卒業までに掛かる期間が違います。

短期間での卒業が可能なのは合宿免許です。

合宿免許は予め作成されたスケジュールに沿って進められるので、短期集中で勉強を行う事ができます。
通学コースのようにキャンセル待ちを行う必要もありません。
合宿免許の場合、最短で14日間で卒業する事ができます。

通学コースと比べてみても格段に短い期間で卒業する事ができます。

まとまった時間がある場合や短期集中して免許の取得を行いたい場合に便利です。

費用の面でも違いがあります。
合宿免許の場合は大抵パック料金となっています。
教習費用、食事代、交通費などが全て込みとなっています。



基本的な料金設定も安くなっているので、通学する方法よりもお得に卒業する事ができます。

また、選択するプランによっては再検定費用なども含まれているので、追加料金を気にせず利用する事ができます。合宿免許だけの利点もあります。
それは宿泊を行うので、小旅行気分を味わいながら参加する事が出来る点です。
お友達同士で参加すれば、さらに楽しく利用できます。